体が冷える原因|サプリでエクオールを生成する|ストレスを軽減する方法

体が冷える原因

寒がる女性

寒いと足と手が冷えますが、冷え性は季節関係なく手足が冷たくなります。夏場でもひんやりとしている方は確実に冷え性でしょう。冷えることが多くなると、身体にいろいろは不調を呼ぶため、辛く悩んでいる方も少なくありません。冷え性を悪化させる要因とは一体なんなのか、冷え性をより深く理解することで、対策と改善策が見えてきます。

冷えと冷え性は似ているようで症状が全く異なります。冷えは、気温が低下したことによるもので、冷え性は、季節関係なく冷たい状態が続くことを言います。手足や腰、腹部、背中、肩は冷え性の症状がより目立つ場所になるため、一年中長袖が手放せな場合があるでしょう。冷え性の原因としては、血液の流れが悪くなったこと。通常血液は全体を駆け巡っていますが、血行不良を引き起こすと正しく流れなくなります。そのため、血液が行き届いていない箇所は常に冷たい状態になるため、改善策として血液の流れを改善することが課題になります。

女性や男性を悩ませる冷え性は、自律神経の乱れからやってくることがあります。この辺が乱れると体温調整が出来なくなり、コントロール不可になります。血液が滞ると冷え性がさらに悪化し、寒くないのに常に増えた状態となってしまうわけです。日頃からストレスとの闘いで生きている我々も、いつ冷え性になるかわかりません。今のうちにできることは自律神経を整え、冷えないようにすることです。最近は冷え性が改善できるサプリメントが販売されていますから、そちらを積極的に飲んでもいいでしょう。身体の内側をぽかぽかにしてくれ、しかも巡りを良くしてくれるため、冷え性に最適な商品だと言えます。